迅速に活用出来るかが大事|導入すべきワークフロー|様々な管理が一つのシステムで実現
男性

導入すべきワークフロー|様々な管理が一つのシステムで実現

迅速に活用出来るかが大事

オフィス

携帯とPCを使える環境

企業内安否確認サービスは、Bizひかりクラウドやセコムなどがあります。職員がいつも使用している個人メールアドレス(PCと携帯の療法)を予め登録しておき、何か災害があった際にはサービス会社を通して安全確認のメールが入り、それに対して、個人個人が現在の状況を返信する形になっています。社員個人が無事かどうか、家族が無事かどうか、今どこにいてどういう状況なのかを企業管理者が、その安否確認結果を閲覧する事が出来ます。数多くの社員を抱える企業にとっては、一人一人別々に連絡をとるよりはより多くの社員の状況を瞬時に把握できるサービスでもあります。反面、携帯やPCをいつも見れる環境にないと、なかなかすぐに確認がとれない場合もあり、また、メールアドレスが変わった場合、予め届けておかないと、せっかくの安否確認サービスを生かせない事もあるので、気を付けて管理しないとなりません。

災害訓練で慣れてもらう

安否確認システムを確実に機能させるには、企業の管理者の養成や、企業内災害訓練の支援など、充実したサポートをサービス会社が提供する必要があります。また、実際の災害時には、携帯やスマートフォンが繋がる状況下かどうかも大事な条件になってきます。そのため、数多く訓練で実験をし、社員一人一人に災害時には必ず安否確認サービスのメールが入る事、そして必ず返信をする事、また逆に管理者は、必ず返信が来たかどうかのチェック、PCやメールが繋がらない環境にいた場合の連絡の方法など、多くのイレギュラーなケースの確認をする事が大切です。災害は平日、休日を問わず、社内、社外、出張先等、どこで起こるかわかりません。外出先で災害にあった場合、そこから会社に戻るのか自宅に帰るのか、一人一人を追う事は大変難しい問題です。少しでもこの安否確認システムが有効的に機能し、社員やその家族の命を守り、落ち着いて行動出来る元となる事を願います。