必要な人材の採用と育成|導入すべきワークフロー|様々な管理が一つのシステムで実現
男性

導入すべきワークフロー|様々な管理が一つのシステムで実現

必要な人材の採用と育成

女の人

自社内で育つ環境

大手企業と中小企業では人材の管理方法が異なります。大手企業の場合、新卒などで採用をし、その人たちをタレントマネジメントを行って育成していきます。幹部候補生などは、入社時から他の社員とは別のプログラムが与えられ、昇進の方法なども特別な仕組みになっています。中小企業の場合、創業者一族が幹部になっていることが多く、人が足りなくなったら必要な人を採用する仕組みです。あまり教育をしたり育成をする仕組みが整っていない場合があります。企業として成長するには、自社内で人材が育つ環境を作る必要があります。タレントマネジメントを導入することで、新卒者の採用から、育成を管理することがで来ます。自社に合った人材を育成することができます。

登用や活性化ができる

日本では、長らく年功序列による人事評価がされてきました。入社順、年齢順に評価をする方法で、基本的に若い人とが年上の人を追い越すことはありませんでした。今は徐々に成果主義が広まってきていて、より能力のある人が上に行くことができる人事評価になっています。タレントマネジメントは、成果主義には欠かせない仕組みになります。各社員の個別のデータなどから、社員を適切に評価することができます。その情報によって、登用をしたり、別の組織に入れることで活性化をすることができるかもしれません。成果主義の場合は、仕事上の結果が重視されますが、タレントマネジメントは、それ以外の能力なども評価しますから、その時に合った人材配置が可能になります。